13th

2023 Teshikaga

2023.2.2(木)~3.3(金)
ARtINn 極寒藝術伝染装置(川湯神社北隣)

                       *現在制作中です。

Teshikaga Extreme Cold Art Festival

February 2(Thu)-March 3(Fri) .2023

01slide_01honma.jpg 01slide_02luarivera.jpg 01slide_03lee,kuei-chih.jpg 01slide_04sekiguchi.jpg 01slide_05kobayashi.jpg 01slide_06thomaskimmerlin.jpg 01slide_07shibata.jpg 01slide_08zen.jpg 01slide_09manazo.jpg

13th

極寒芸術祭。

2023 Teshikaga

 

神々と作家が創る場所

 

2023.2.2(木)~3.3(金)

ARtINn 極寒藝術伝染装置
(川湯神社北隣)

 

雪杜野外美術館

夜明け~21時

昭和遊郭美術館

夜明け~21時

映像演劇公演館

夜間不定期

コロナの状況により自粛することがあります。
 
 
「極寒芸術祭」は、毎年2月2日から3月3日まで開催されます。
芸術祭の主要会場は"ARtINn 極寒藝術伝染装置"周辺。
芸術祭のメインは、極寒の森に展開される「雪杜野外美術館」です。
France、Mexico、Taiwanなどから海外作家も参加。
海外でも活躍している国内現代アート作家も多数参加、40点以上の作品を夜明けから21時まで鑑賞できます。
夕刻、森の中に赤いランプが灯りFire Hutの焚き火が鑑賞者を迎えます。
マイナス15度を超える(極寒の始まり)と温泉川から舞い上がる湯気が空中で凍りダイヤモンドダストが発生します。
幽玄の杜で見る自然美とアート作品の調和は極寒の時期にしか経験できません。
場所固有の特別な「極寒風景」に対し、アーティストは何が創れるのかを問う国際的アート実験場となっています。
「日本庭園の借景」のように、「自然美」と「アート」がお互いにその美を際立たせる。
ここは神々と作家が創る特別な場所なのです。

(Producer 善
 
 
写真:Jun Honma /Self-portrait as void

Teshikaga

Extreme Cold Art Festival

 

February 2(Thu)-March 3(Fri) .2023

 

YUKIMORI Outdoor Museum( Dawn-9 pm)
Showa Yukaku Museum (Dawn-9 pm)
Video&theater performance hall (held irregularly at night)

 
 
"Extreme Cold Art Festival" is an international art festival held every year in Teshikaga, a small townin eastern Hokkaido.
The main venue for the art festival is around the museum "ARtINn Extreme Cold Art Contagion Machine" in Kawayu Onsen.
The Arts Festival will be held from February 2nd to March 3rd every year.
The core of the art festival is the "Yukimori Outdoor Museum".
It will be exhibited in a very cold forest. Overseas artists include Thomas Kimmerlin (France), Lee, Kuei-Chih (Taiwan), Lua Rivera (Mexico) Tan, Sook-Muar (Malaysia) and others.
Daigo Kobayashi, Tsuneo Sekiguchi, Tomoyuki Noda, Jun Homma and others will participate as contemporary artists in Japan.
Viewers can watch more than 30 works from dawn to 21:00.
In the evening, a red lamp lights up in the forest.
Viewers will be greeted by the Fire Hut bonfire.
Below -10 degrees Celsius, the steam of the hot spring freezes in the air and diamond dust is generated.
The harmony between natural beauty and works of art can only be experienced during this period.
It is an international art experiment site that asks what artists can create for the "specially cold landscape" of this place.
"Natural beauty" and "art" make the beauty stand out from each other, like the scenery of a Japanese garden.
This space is a special place created by Gods and artists.
 
Producer 善/ZEn
 
 
Photo:Tsuneo Sekiguchi/Kawayu RainbowHut2021

梅田力(彫刻家/Japan)

「越冬」

冬囲いに使われる荒縄や棕櫚縄を「線」として使い制作します。線という要素は、世界の根本的な成り立ちに通じているように感じていて、私の制作の基盤を成すものです。そして、今回はこの冬囲いを線として使い、木々と極寒の冬を共に越す作品を制作します。

深田堅二(画家、役者/Japan)

「雲の夜」

川湯の地べたに置いたトタン板に絵の具を置いていく。所々に先ほど降った雨で出来た水溜りが残っている。カン、カン、と落ちてきたドングリが音を立てる。
それは描く手伝いをしているかのようにリズミカルだ。空からは色んな贈り物があるようだ。そこに想いが至り、空の現象の仕掛けや部品があると考えながら作っていく。そこには番人のようなメンテナンスをする住人もいるのだろう。川湯はいつも物語をくれる。

千葉麻十佳(美術作家/Japan)

「Melting Kussyaro Caldera」

極寒芸術祭の開催場所はまさに屈斜路カルデラの中にある。今いる場所がどのように形成されたのかを想起させるため、ここにある石を溶かし場所の時間を遡る。また、作品は「地球」「太陽」「天候」「自然災害」「エネルギー」「宇宙」といった様々なテーマを内包している。

ルア・リベラ(アーティスト/Mexico)

ONIBI」+2

私は、生き残るために実験し、知るために実験します。アートは学問間の境界を消去し、学問間の自由な相互作用を促進し、展示会がギャラリーの壁を超越できるようにします。私は、生物の営巣、成長、適応などのプロセスに基づいてアートワークを作成しました。ビジュアルアーティストとして、介入、コラージュ、写真、テキスタイルなどの学際的なリソースの継続的な検索と使用とは区別されます。
I experiments to know and produces to survive. Art can erase the boundaries between disciplines, promoting a free interaction between them and allowing the exhibition to transcend the walls of the gallery. I based her artwork in processes such as nesting, growth and adaptation of organisms. As a visual artist she is distinguished from continuous search and use of multidisciplinary resources such as intervention, collage, photography and textiles.

本間純(美術家/Japan)

「消えていく肖像」

2015年以降、極寒の雪原にポートレイトをテーマにした作品を設置してきた。昨年はパンデミックの影響により、リモートでの出展になり、現地に行くことができない自分自身をモチーフにした彫刻を設置した。今年もやはり存在と不在、可視と不可視をテーマにした作品を、極寒の雪原と対峙させたい。私自身のポートレイトが雪や氷によって消えていくような作品をつくりたいと考えている。そしてそれは循環する。一年ぶりに極寒の空気に触れられることが楽しみだ。

小林大悟(美術家/Japan)

「sulfur-coated piano」

川湯温泉街に漂う大気中の硫黄により自然変色する作品を作っていく「おんせんへんせんプロジェクト」。「硫黄を用いて銀箔を硫化変色させる」という日本画の制作技法を活用している。今回はその3作目で、400枚に及ぶ箔と硫黄でアップライトピアノを変遷させた。箔をまとう事によりピアノらしからぬ異様な存在感が立ち上がる。そして硫黄をまとう事で一夜にして硫化が進み色が変わっていく。人の手と自然の見えざる手によりピアノであってピアノでない、「なにか」が生まれてしまった。

井原宏蕗(彫刻家/Japan)

「still life」(仮題)

役目が終わった遊郭。時間が止まったように佇む一室には、人の営みの残り香が微かに漂っている。そんな空間に雄大な自然の中で見つけた生物の営みを展示する。不在になった空間が生物の生きた痕跡によって再生され、次第に呼吸する。

関口恒男(美術家/Japan)

「川湯レインボーハット」

川湯レインボーハットは4年目を迎える。昨年はエコロジカルな観点から素材に漆喰を使いました。今回は、倒木によって壊れた部分の修復とハットの側面を覆っている三角形の漆喰の壁の修復をしました。雨、風、雪、さらに極寒の厳しい環境によって作品は風化し、腐敗していきます。弱い部分は破壊されてしまいますが、生き残った部分を変化させながら年月をかて制作し続けるのは楽しく、また多くを学べます。植物が長い年月をかけて美しく強いデザインを生み出したように、少しでも進化できたら良いなと思っています。

リー・クーチェ(アーティスト/Taiwan)

新・・・「Snow words」

長い間、川湯温泉の宿で実際に使われていた白いシーツ。
それらを縫い合わせた巨大な布。私は布をインディゴ染めを利用し水色のアイスクラックが流れる模様に染めた。さらに「雪の言語」を創造し描いた。雪の森に設置すると「雪の言語」は舞い降りる雪と共鳴し冷たい風とささやきながら、地球とすべての生き物を祝福するという。今回はその進化版を提示する予定だ。
White sheets that have been used in Kawayu Onsen inns for a long time.
We sewed them together and entrusted them to the artists Lee, Kuei-Chih. He dyed the cloth with indigo dyeing in a pattern of flowing light blue ice cracks. Furthermore, he created and drew a

柴田まお(美術家/Japan)

「Blue Hand」

遊郭とコロナの関係性を考えてみた。それは一般的に身体的なタブーとされる事において類似感を持つ。ふれあい、かかわりあい、からみあい を 通じそれらは成り立っている。今回、手で造る彫刻、手で写真を転写する平面作品、そして元遊郭にそれを置くことで今回の作品は成り立っている。

TAN SOOK
MUAR/Malaysia

「Snail Fish3 (2016)」

The fish's nurturing and solidly build house: the fish and our family have always depended on each other.

CHONG KOK YEW
(Artist/Malaysia)

「Hand (2015)」

I have been carving works by hand. One day, I looked at my hand and just wanted to record it.

渡邊明子(写真家/Japan)

「ファインダー越しの世界」~瞳の先にある感動

自宅から23キロ離れた病院に勤務する私は、毎日「感動」を見つけるため「摩周湖」や「屈斜路湖」に立ち寄ります。その時々の瞬間、僅かな感動を、iPhoneやデジカメで撮影しています。日常の中で日常の自然を捉えていく。そんな私の心に寄り添うように自然が私に語りかけてきます。その中で私の写真に奇跡が起こる。そんな何枚かを皆さんと共有したく思います。貴方の視線の先には何が見えますか。

野田智之(造形作家/Japan)

「Machine One」

キネティックアートという特殊なARTを続けています。昨年作った作品、MachineOne は We can do everything 何でもできちゃうという表現。宇宙に飛び立つ気持ちと、地球での万能感がここにあるのです。2022年の新作はこども達とコラボした作品が森の中をぐるぐる回ります。

トマ・キメルマン(写真家)/France)

「移動せずに旅をする」VideoInstallation

ビデオ作品の要素は、自然、地理、伝統.「移動せずに旅をする」という感覚と思い出をもたらしたいと思います。地理は日本とフランスであり、自然の要素は火と水/ 氷/ 雪であり、伝統は「雪の世界」です!白い背景にたくさんの「スノーグローブ」火と雪を1か所で混ぜることができます。
I wish to work on a video project. My ingredients will be: basic elements from nature, geography and tradition, to bring people together, in winter time! Also I would like to bring the feeling of ≪ traveling without moving ≫ and memories. Geography is Japan and France, Natural elements are fire and water/ice/snow, and tradition is ≪ snow globe ≫ ! ≪ Snow globes ≫ are famous objects that tourists can bring back home to remember a distant city or country. The snowy effect inside mu bring some kind of warm, cozy, emotional feeling when watching the globe. Thus, I would like to collect and shoot many ≪ snow globes ≫ on a white background. I hope these snow globes can mix nicely in the snow and ice of Kawayuonsen. Also when Fire Hut is in use, we can mix the fire and snow together in one place.

OGG(演劇家/Japan)

連続短編演劇「日本ART 教(仮題)」

演劇家OGGによる「武家茶道取り入れた短編演劇」は2018年の「リア王」から始まった。2019年には、原発原爆をテーマに「二つのSHIMA」を上演。川湯温泉宿泊客を対象に連日公演を行いフランス、イギリス、ドイツなど10か国、100人以上がOGG演劇に触れた。OGGとはGODのようなものと本人はよく言うが意味合いは定かでは無い。今回は極寒屋外での移動演劇を模索中だという。

タケナカ ヒロヒコ
(造形作家・思想家/Japan)

「THE ICEMANS」

創り出すものは「人間と自然との間をつなぐ物」。外に居ることが、心の安定で有り、作品はいつも野外で作る。外に居る事が長いので、様々な「?」が創造の元。「木を切らない林業」や「海を曝気するテトラ」、冬の環境芸術グループ「THE ICEMANS」等、環境と社会とのダンスを模索する。今回は極寒芸術祭会期中にアイスドームを制作する。

臼田 那智(美術家/Japan)

「赤い氷の上でダンスする」

氷に見せかけた深い赤色の上では、時にダンスを踊る人がいたり、二人の人がお互いに絵の具を付けあったり、特別な日には、赤い氷上で何かをすることができます。白い雪から赤い氷上に足を踏み入れると、いつもみている風景が少し違って見えたり、いつもとは少し違う自分になれたりする場所です。

佐々木樹(詩人 美術家/Japan)

「冬眠する風景」

弟子屈において積雪が見られない春から秋の風景を集め、それらを冬の弟子屈に「冬眠」させることで習慣的な風景のオーバーラップを描く。観る人に、ある時に見えていてもある時には見えなくなっていくモノやコトから想起されるイメージについて思索を巡らせてもらいたい。

宮嵜浩(美術家/Japan)

「Celebration Forest」

「様々な事物の魂が宿る集落」を設置した。昨年はコロナで寂しい集落となっていた。コロナの動向次第で増減する村落は現実の何かと呼応し寂しげな表情を見せる。

puf/ 蚯蚓(美術家/Japan)

「板絵の森1976」

創設500年の寺の縁側や戸板に描かれた絵画。既に40年以上経過し、さらに野外展示されているため、心地よく朽ち果てていく姿が楽しめる。この時間経過による変化もpuf 蚯蚓の作品の一部または全部である。

真奈蔵
(Clay アーティスト/Japan)

「看板字」

芸術祭及びARtINn 極寒藝術伝染装置館内各所にある看板類の文字は彼女の手になる。個性的かつ丁重な文字で構成されている。

善/ZEn
(Fakedartist/Japan)

「涸れ井戸」2021

2021年の作品「涸れ井戸」。地元でお化け屋敷と呼ばれるこの場所を象徴する作品だ。ぜひ、蓋を開けて覗いてみよう。

KAWAYU ONSEN MAP

女満別空港→(バス30分)→網走駅→(JR120分)→川湯温泉駅→(バス5分)→役所支所前→(徒歩4分)→雪杜野外美術館
釧路空港→(バス45分)→釧路駅→(JR90分)→川湯温泉駅→(バス5分)→役所支所前→(徒歩4分)→雪杜野外美術館

The place is created by gods and artists

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参加アーティスト 6 つの国と地域から36 組
 (2021 年11 月20 日時点 順不動 リモート参加含む) 
野田智之 関口恒男 本間純 小林大悟 Thomas Kimmerlin(France) 深田堅二 puf 蚯蚓 陳亭君(Taiwan)宮嵜浩 善/ZEn 笠貫彬文 伴幹雄 真奈蔵 奧村頼子 伴蒼翠 TAN,SOOK-MUAR(Malaysia)中島あずさ さめじまひとみ Lee, Kuei-Chih(Taiwan)柴田まお Lua Rivera(Mexico) 渡辺とうふ CHONG KOK YEW(Malaysia)OGG 伴英将 ローフィット・イブラヒム(Indonesia) 佐々木宏実 橋本忍 藤田朱美 タケナカヒロヒコ THE ICEMANS 佐々木樹 井原宏蕗 梅田力 千葉麻十佳 臼田那智 渡邉明子