6thてしかが極寒ARtフェスティバル2017

2017年2月2日(木)〜2月22日(水)
北海道弟子屈町川湯温泉周辺で開催 

 
★お知らせとお詫びです。2017年1月18日
てしかが極寒ARtフェスティバルの告知印刷媒体において開催期間を2016年と表記するミスが1カ所ありました。印刷物のため、なおかつ期間もなく回収及び刷り直しは出来ませんでした。お詫びしてWEB上で「2016(誤)→2017(正)」と訂正させていただきます。   てしかがえこまち推進協議会アート&アド部会部会長 今井善昭

 極寒の野外に展開される
        雪杜☃美術館って?


フェスのメインイベントとして極寒藝術伝染装置の裏の森に展開される野外美術館「雪杜美術館」。祈りをテーマにした伴幹雄の旗(写真上)、puf蚯蚓の板絵などアートが雪の中に展示される。同時期、川湯神社ではDDKのEventが行われる。温泉川の湯気が凍って出来るダイヤモンドダストの鑑賞、雪の滑り台や凍るシャボン玉も体験できる。夜には雪灯り(ゆきあかり)が灯され、神社を起点に「雪杜美術館」の散歩道が始まる。途中には焚き火も用意され極寒と雪灯りに照らされたアートの世界を楽しめる。
 
https://www.youtube.com/watch?v=TZTEi_ixoyQ
 
 
 
 
2/2(木)〜2/22(水) 夜明け〜21時/*無料
極寒藝術伝染装置裏の森 (川湯神社北隣) 
 

 

2016年開催で第5回を迎える「てしかが極寒Artフェスティバル」。
敢えて極寒の時期にアートフェスを行い、弟子屈の冬のすばらしさを様々な人に体感してもらってきたこのイベント。
2016年は「極寒美とアートの融合」をテーマに開催する。
期間は2016年2月6日(土)から14日(日)の9日間。川湯温泉や摩周温泉、さらに屈斜路湖でも全国から応募してきたアーティストの作品を展開する予定だ。
弟子屈の極寒風景と作品の調和により新しいアートを生み出す、全国でも珍しい実験的先端的アートフェスである。
それに先だって全国から出品アーティストを募集する。

そして、今回は音楽部門が追加された!

Face Book Page